住宅ローンが残った時の離婚について

住宅ローンが残った時の離婚について

住宅ローンがまだ返済し終わっていないけど、
離婚をするとなってしまった場合、財産分与は一体どうなるのでしょうか。

 

 

財産分与について

財産分与というのは、結婚生活の中で夫婦がお互いに強力して築き上げてきた財産を、
離婚するときに個人の財産に分けるという行為を言います。
この財産分与の対象になる物は、お金だけではなく土地や建物といった不動産、
家電製品、車、保険、年金分割、株、家財道具なども含まれます。
結婚する前の財産や、結婚をした後でも親から相続した財産や
個人で買った物などに関しては財産分与の対象外となります。

 

 

住宅ローンが残ってしまった場合の離婚について

さて、この住宅ローンが残ってしまったときの離婚についてなのですが、
結婚をしてから夫婦で住んだ不動産というのは
たとえ住宅ローンが残っていても財産分与の対象となるのですが、
家の所有権と住宅ローンは別物です。

 

住宅ローンの契約内容を確認しよう

例えば、夫名義で借りたローンの連帯保証人が妻である場合
離婚をして夫が家から出ても住宅ローンの支払いが滞った場合、
連帯保証人である妻の元に債務請求が来ます。

 

では、一体どうすれば良いのでしょうか。
まずは、不動産が一体だれの名義なのか・契約したローンの契約内容はどういう内容なのか、
住んでいる家の査定もお願いしておくと良いですね。

 

住宅の査定額を把握する!

査定は、住宅ローンの残債より売却する価格が
高いのか低いのかを把握しておくと住宅ローンの処理がスムーズになります。
>>イエウールなどの一括査定を使うと便利

 

査定価格が住宅ローンの残高よりも高い場合

査定価格が住宅ローンの残高よりも高かった場合こちらは住宅を売ると利益が生じることがあります。
売却したお金をローンの返済に充て、それでも残った分は夫婦で半分にする財産分与が可能となります。

 

査定額が住宅ローンの残高より少ない場合(オーバーローン)

ですが、問題はオーバーローンという査定価格が
残った住宅ローンの金額よりも低かった場合。
こちらは家を売ることが出来ません。

 

この場合、夫婦どちらかが残った住宅ローンを払い続けなければなりません。
このときの離婚は、ローン負担の確認やローンの名義は誰にするのか、
妻が家を出る場合財産分与はどうするのかなどの問題が出てきます。
それでも住宅を売るという場合は、競売ではなく任意売却の方がリスクが少ないのでおすすめです。

 

そして、離婚をした後のトラブルを避けるために離婚をする前に
あらかじめ夫婦で離婚協議書などを作成しておくと
万が一住宅ローンが残って離婚となってしまってもトラブルを未然に防ぐことができます。